熱くなり過ぎ、凹み過ぎで勝率はどんどんと減っていく

笑顔の投資家

「値が上がるか、下がるか」という2択にお金を投じるバイナリ-オプションは相場の流れを相手にする投資のようですが、突き詰めると相手にするのは自分自身。

 

すぐに熱くなったり、少しの損益でショックを受けるようでは冷静なトレードはできません。
落ち着いて丁寧にチャートを分析していれば勝てる局面でも、行き過ぎたポジティブ思考や、過度な弱気に支配されていては勝ち続けることは難しくなります。

 

そこでバイナリ-オプションにおけるメンタル管理の鉄則を紹介していきます。

 

 

楽しむためではなくて、お金を増やすために賭けるべし

 

バイナリーオプションはギャンブルではなく投資です。
勝ったり負けたりで一喜一憂していては、適切な止め時や勝ち目を逃してしまいます。

 

エントリー前に熱くなっていると感じたら、一度深呼吸をして、

 

「これはギャンブル的に楽しむためのエントリーをしていないか・・・?」と、

 

自分自身に聞いてみましょう。

 

 

1エントリーに賭ける資金の上限を決めておく

 

ご自身の手法での勝率に見合った掛け金を決めておきましょう。
総資金の5〜10%程度が普通です。

 

一度上限を決めたら、気まぐれで上限以上に大きく張るのは禁止。

 

コツコツ稼いだ後に調子に乗って、次のエントリーで大きく賭けてドカンと負ける・・・
このパターンはしばらく立ち上がれないくらい凹みます。

 

 

損切のラインを決める

 

「マーチンをする時は1回まで」等、負けた時でもずるずると泥沼にハマらない為の基準をしっかりと自分の中で決めておきましょう。

 

負けを確定させる怖さから、どんどん深追いして気付いたときはもう首元まで埋まっていた・・・・

 

後戻りできなくなる可能性を排除するために損切のラインを決めておきましょう。

 

エントリーの根拠が乏しい時は潔く引く

 

「いつものロジックに似ているから行けるはず・・・・」

 

そういって帰ってこなかった若者たちの屍の上にバイナリ-オプションは成り立っています。

 

なんか違うなと感じたらすっぱりと身を引いて、まだ生き残っていることに感謝しましょう。

 

 

 

連敗が続くときは止める勇気を持つ

 

「昨日はニューヨークタイムで大連勝できたから・・・、次こそは!」

 

時間帯が変われば相場は別物になっていることはしょっちゅうあります。

 

○連敗したらその日は無条件に休む。

 

そんな潔さを持つ勇気を。休むのも投資です。

自己流で疲れた時は他人を頼るという手も

当サイトの検証で3か月以上勝率80%を上回っているバイナリ-オプションシグナル配信です。
もしもあなたが自己流のバイナリ-オプションで疲れてしまったときは、一度プロのエントリーを見て勉強してみてはいかがでしょうか。

 

ROGERSバイナリーオプションシグナル配信ロゴ

勝率8割の本物のBOシグナル配信を無料体験

ROGERSバイナリーオプションシグナル配信では現在無料お試しキャンペーンを実施しています。
LINEで配信し、勝率80%オーバーをキープし続ける本物のシグナルをぜひあなた自身の目でお確かめください。

こちらバイナリーオプションシグナル配信 LINEで無料お試し